5月はいろいろあったんだ
RAKIは派遣なんだけど、正社員になれないかと会社にオファーしてたのだ。 でも、答えはNO。 これはがっかりですわ。 RAKIの評価はその程度かーってね。 その会社に入ってるどの派遣会社よりも低い時給でがんばって来たんだけどね。 ...(続きを読む)


道案内と負けに近い引き分け
8時頃起床。 今日も休日出勤は無く、仕事はお休み。 やっぱ週休2日は良いわ。のんびりできるし・・。 朝から本読んだり、ネットしたりしてまったりと過ごす。 10時頃、近所の銀行と郵便局に通帳の記帳をしに行く。 もちろん健康のため歩きで。 ...(続きを読む)


女性非正社員の月給減り16万5000円に 厚労省
それによると、06年6月の男性の月給は正社員・正職員の場合が348500円(平均41.5歳、14.2年勤続)と、前年比で0.1%増え、非正社員は222800円(同45.0歳、6.1年勤続)で、同0.7%増となった。一方、女性の場合は、正社員・正職員が240300円(同38.3 ...(続きを読む)


年収格差 正社員と非正社員
まずは、正社員と非正社員の年収格差。 正社員の平均年収は489万円だが、これが非正社員となると266万円になり、その差 233万円にもなる。パートだとさらに減って 106万円。これを月給ベースで表すと、 正社員31万8800円。非正社員19万1000円。 ...(続きを読む)


身分を明かす
仕事中、自分が社員であることを誇示する必要は殆どないし、仕事内容も派遣社員だった頃と大まかなものに関しては変わっていないので、俺が正社員であることは、俺か他の誰かからの証言以外にわかる方法はない。 俺もそういうことを聞かれれば答えるが、 ...(続きを読む)


進む正社員化の記事を見て
3月22日の日経に、「産業界、正社員化へ動く」と言う記事がありました。 昨日も書いたように、. 失われた10年の間にコスト削減の一番手に上げられた人件費削減が行き着くところまで行き、. その反動として、今度は正社員化の傾向が出てきたことは ...(続きを読む)


正社員でも副業できる方法
しかしその利益が社員に還元されないために、非正社員化が進む状況と併せて、サラリーマン家庭の景気回復の実感は薄い。その結果、消費は停滞している。景気が回復しても、バブル時代同様の理不尽な状況と思いを今再びサラリーマンをはじめとする生活者は ...(続きを読む)


"日本、正社員の解雇が困難なのは問題" 日本の格差拡大に強い懸念 ...
その理由として、日本は解雇に関する 法制が未整備で正社員の解雇が困難なため、企業が非正規雇用への依存を 強めている点を挙げ、「正規雇用への保護が手厚すぎる」と指摘した。 http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack.cgi?economics+ ...(続きを読む)



企業誘致「正規雇用が望ましい」
しんぶん赤旗
千葉県茂原市の日立系列IPSアルファテクノロジーの工場誘致では県が五十億円、市が四十億円の補助金を出すことを決めていますが、実態は親会社から正社員が異動したため、新規採用はゼロ。これにともない親会社では逆に正社員が削減されました。 ...(続きを読む)


私の参院選争点(3)社会保障・個人リスクの社会化を
JanJan
リスクの問題は従来、正社員の男性であることが多かった世帯主に、経済的に家族を養う責任を負わせることで、良しとしてきたわけです。健康保険でも、世帯主の保険で扶養家族の医療も賄いました。年金については、第三号被保険者という制度が1986年以降できました。 ...(続きを読む)


県内企業の夏のボーナス、2年連続減
愛媛新聞
今後採用を「増やす」のは、正社員30・4%、パート・アルバイト15・9%、派遣社員10・7%。人手不足感の強まりから正社員採用意欲の高まりがうかがえるものの、今春初任給を引き上げた企業は23・4%で、待遇改善につながっていない状況がみられる。 ...(続きを読む)


ブログのコメント欄から生まれた労働組合【コラム】
日本経済新聞
また、非正社員や正社員、成果主義による賃金の格差により、職場によっては誰がどのような条件で働いているのかも分からなくなりつつある。コミュニケーションの共通基盤が失われつつある労働の現場では、同一の条件にあることを前提にした旧来の労組の声はまるで届かない ...(続きを読む)





  • 就職・転職の方法

  • 脱サラするぞ

  • 茶のしずく石鹸は安い

  • 退職届の書き方

  • 退職願を出すとき 退職願の書き方

  • 仕事はどうする

  • 仕事中

  • スキンケア研究

  • ドクターシーラボが激安

  • 転職を考えるとき